大中保育園

岐阜県郡上市白鳥町の大中保育園は、社会福祉法人瑞雲児童福祉会の保育園です。

アルバム
春
夏
秋
冬

泥んこ遊びは最高

2012年05月11日

5月の爽やかな風を体いっぱいに受け、泥んこ遊びを楽しみました。

交通安全教室を行いました

2012年05月09日

5月8日(火)春の交通安全教室を行いました。交通安全専任指導員と郡上警察署署員の方に安全な横断歩道の渡り方を丁寧に教えていただきました。

桜と鯉のぼり

2012年04月27日

桜の花と鯉のぼり。そして、園舎が春の日差しを浴びています。


春の風に乗って

2012年04月27日

子どもの手作り鯉のぼりが、春風に乗って泳いでいます。それこそ、世界に一つの鯉のぼりです。思い思いにシールを張り、大きな目玉をつけた鯉のぼりは、子どもの夢と願いをかなえようと、元気よく泳いでいます。

桜が開花しました

2012年04月18日

例年になく遅い開花です。まだ3~4分咲きですが、なんとなく心がうきうきします。

園庭で春を感じて

2012年04月10日

雪のない園庭で駆け回ることは最高です。


入園式その2

2012年04月05日

年少児は17名が加わりました。合計27名になりました。最も成長が激しい年齢です。

園庭にケヤキを植えました

 

高さ10mぐらいのケヤキを植えました。夏の暑い時、子どもたちがこの下で遊んでくれると思います。

回転ずし屋さん

 

園庭の木片を使って回転ずし屋さんを作りました。ベルトの上には寿司が回っています。良く見ているものなんですね。まさに想像力は創造力です。


鯉のぼりが泳ぎます

 

一人ずつ作った鯉のぼり、新緑に芽吹いた快晴の青空に泳ぎます。

  2015年 6月

園庭の川から水を汲んできて竹の樋で水を流すのが大好き。自分たちで高さを調節します。一人が始めるとみんながやってきて遊びます。

2015年 6月

「あ~気持ちいいなあ。体が泥になるみたい。」 泥は肌をやさしく刺激し,それが脳に伝わり解放感と満足感を生むようです。小さい時に泥に親しみ,やさしさと解放感を味わい,それを原体験として人生を進んでいってくれることを願っています。


 年長の子が川へ遊びに行きました。この魚を取る姿はもう一人前。この子はチチコを2匹とった。自然と遊んだ子は自然を大事にする。生き物と遊んだ子は生き物を大事にする。

28年3月,子どもたちが好きなどろんこ遊び場と木小屋,そして土の山を園庭に作りました。子どもたちにはたっぷりと遊んでもらいたいものです。

 子どもたちが木材を使って家のようなものを造りました。中に人が入ることができ,なかなかしっかりしたつくりです。実際に造ってみて丈夫な構造にするにはどうしたらよいかがわかります。遊びながら経験で身につけたものこそ本物の知識となります。子どもたちは今,将来きっと役立てることができる基礎的な力を蓄えているのです。


 砂で水たまりを二つ造り,片方の水たまりに地面をくぐらせて水を流したい。どうすればよいかと考えて,竹筒を使えばできることを考えついた。早速試してみるとうまくいった。

 身近にあるものを利用し,自分の願っていることを成功させること。これは我々がいつも直面していることであるが,小さいころからの習慣と成功体験があれば,あきらめることは絶対ない。道は必ず開けるはずだと信じることができる。

 

 
 

幼年消防クラブ継承式を行いました

 

6月5日、年少組が幼年消防クラブに加入しました。消防服に身を包んで消防署長さんから加入のバッジをもらい、防火の誓いを暗唱で言いました。すごいですね、良く言えますね。その後そとに出て消防車と一緒に記念撮影しました。

こうして、防火服、消防署員、消防車と経験することで自然に防火に対する気持ちが養われていきます。

プールの片づけ

2012年09月05日

暑い夏ともお別れ。今日はプールの片づけです。どの子も一生懸命作業をしてくれました。

真剣なまなざしで!!

2012年09月04日

9月4日食育指導がありました。当日は栄養士の方にバランスの良い食事の散り方について話を聞きましたが、子どもたちは真剣に聞いていました。一人ひとりのまなざしに、子供の素直な気持ちが表れています。


切子灯篭の下で納涼大会

2012年08月06日

白鳥の夏の風物詩「白鳥踊り」に欠かせないのが「切子灯篭」です。夏になると白鳥の各町内でよく見かけます。園では納涼大会の時、園庭に吊るし、その下で盆踊りを楽しみます。

七夕飾りに願いを込めて

2012年07月09日

七日の七夕とは一変した、素晴らしい夏空のもと、七夕飾りを燃やすことにしました。その前に、それぞれの年代の子どたちが小さな竹飾りを持って、記念写真を撮りました。どの子の顔も、短冊に書いた願いが叶えられますようにと願っていました。

七夕祭りを行ないました

2012年07月06日

七夕を明日に控えた6日。年長児が中心になり「きらきらあまのがわまつり」を行ないました。たくさんの店などが用意され、子どもたちはとても楽しそうに遊んでいました。(クッキーやさんの一こまです)


緑陰で遊びます

2012年07月02日

夏日の一日、プール遊びの前に園庭で遊びます。緑の木陰で思いっきり遊びます。

プール遊びが始まりました

2012年07月02日

待望のプール遊びの時期になりました。子どもたちは嬉々として水と戯れています。

高校生インターンシップです

2012年06月26日

郡上北高校2年生が26日、27日の2日間、インターンシップで訪れてくれました。子どもたちと思いっきりふれあい、保育の現場を実体験し、将来の職業選択に役立ててくれるとありがたいです。


監査終了!!

2012年06月22日

今年度県下で一番目に監査が行われました。終日詳細に監査を実施していただき、最後には高い評価を受けました。

たーんと君が来たよ!

2012年06月19日

家庭学級が開かれ、郡上市食育キャラクター「たーんと君」が来てくれました。食べることの大切さを教えていただきました。

お父さんと泥んこ遊び

2012年06月15日

保育参加日の一日、お父さんと一緒に泥んこ遊びを楽しみました。思いっきり泥んこを楽しみました。(特にお父さんが満足しました)


「来てみて遊ぼうよ!」会場作り

20108.11.07

いよいよ11月10日(土)に開催される「来てみて遊ぼうよ!」の会場作りが始まりました。

ゆり組(年長)のみんなが、会場になる遊戯室に重い丸太を一生懸命運んでくれました。

遊戯室はまるで森の中にいるようなイメージになるよう、保育士がいろいろな木(もみの木、椿、しらかば、もみじなど)や、流木などを使い森を作り始めます。その中に、ゆり組、すみれ組の親子作品を展示します。

その他、こどもたちの木ぼっくり作品・絵の展示、自然物を使ってのマグネット飾り作り体験、木ぼっくり作ろうコーナー、豚汁コーナーもありますのでみなさんご来園ください!

木ぼっくり作り

2018.11.06

ゆり組、すみれ組の「来てみて遊ぼうよ」親子作品作りがおこなわれている中、ひまわり・ちゅうりっぷ・たんぽぽ組の子どもたちも「やりたい!」と木ぼっくり作りを楽しんでいます。

どんぐり、松ぼっくりなどの自然物で好きな物を選んで、ボンドで手をべたべたにしながら、なかにはきりやのこぎりも使ってみたい!と挑戦する子もいます。

「世界にひとつだけ」のかわいい作品がたくさんできあがっています。

ゆり組 親子で一緒に作ろう!

2018.10.30~

11月10日(土)に開催される「来てみてあそぼうよ!」のゆり組親子作品作りが始まりました。

ゆり組は昨年に続き2回目の親子作品作り。

アイディアもたくさん。のこぎりやきりを器用に使い、自分が作りたいイメージをお父さんやお母さんに伝え作業を進めるこどもたち。

昨年よりも成長した姿にお父さん、お母さんからは、1年たっただけなのにこんなに違うのか、むずかしいものにもチャレンジする姿が見られてよかった。などの子どもの成長をよろこんでみえる感想や、自然物で作品作りに親子で夢中になれました!など、楽しい時間が共有できよかったとの感想もいただきました。


すみれ組 親子で一緒に作ろう!

2018.10.29~

11月10日(土)に開催される「来てみてあそぼうよ!」のすみれ組親子作品作りが始まりました。

すみれ組の子どもたちは、お父さん、お母さんと一緒に作るのは今年が初めて。

ふだん保育士に見守られながら、のこぎりやきりを使っての作品作りをしているため、お父さん、お母さんからは、こんなに上手にのこぎりやきりを使えるなんてびっくりしました!などの感想や、、なかなか日ごろ子どもと一緒に何かをつくることができないので、たいへん楽しく夢中になって作ることができました!とうれしい感想をいただきました。

 

 

ハロウィンパーティー

2018.10.31

在園児のハロウィンパーティーがお遊戯室で開催されました!

作りたい子は、おばけの帽子やお面を作ってかぶりました。

魔女や怪獣に変装した保育士に「とりっく・おあ・とりーと!お菓子をくれなきゃいたずらするぞ~」と、言いながらお菓子をもらい、いろいろなお菓子をおやつとして食べて、みんな笑顔で大満足!でした。

 

ハロウィンパーティー (あいわいルーム)

2018.10.22

子育てサークルのハロウィンパーティーが開催されました。

お母さん・子どもたち、それぞれがいろいろな変装をしてあいわいルームにやってきてくれました!

この日のために衣装を作って参加してくれたお母さんもいて、みんなとても可愛らしく楽しい時間を過ごしました。


おうち巡り 第一弾!~大和編~ (ゆり組)

2018.10.26

ゆり組のおうち巡りが始まりました。

第一回目は、大和町におうちがある4人の子どもたちの家の前で記念撮影をしました。

お昼は大和町にある古今伝授の里フィールドミュージアムの公園でお弁当を食べました。

お天気もよく、お友達の家がこんなところにあるんだ!と知ることができて大満足の一日でした。

長良川鉄道見学会 (ゆり組)

2018.10.23

今までの遠足とは違い、長い道のりを長良川鉄道で移動した今回の遠足で、「ゆり組さんになると楽しいこといっぱいやなぁ~」と年長組だけの特別な経験を満喫してきました。

関駅に到着し、駅舎内で紙芝居を見ながら色々な説明を聞き、洗車見学、『長良~あゆ号~』特別列車にも乗せてもらい、車掌さんの制服・帽子を貸してもらい運転席で記念撮影と、貴重な体験に子どもたちは大喜びでした。

 

中学生勤労体験学習

2018.10.16~10.18

白鳥中学校7名、高鷲中学校1名の女子生徒のみなさんが、体験学習に大中保育園に来てくれました。

それぞれの組に別れ、子どもたちといっぱい一緒に遊んでくれました。

子どもたちもお姉さんたちにおおよろこび!いっぱい甘えてたくさん遊んでもらい、給食も一緒に食べて楽しい時間を過ごしました。

また、体験学習後、それぞれの生徒さんから、勤労体験での感想や保育士へのうれしい言葉がたくさんの手紙をいただきました。



長谷光城先生 講演会

2018.10.13

大中保育園保護者会主催で、「子どもの絵が語る~子どもたちの育ち」と題して講演会が開催されました。

幼児画から見えてくるもの、幼児期に育てたいものについて、長谷先生が園児の書いた絵をひとつずつ見ながらお話をされ、子育てについてのよきアドバイスもいただくことができました。

牧歌の里に行ってきました!(ゆり組)

2018.10.12

風が冷たく、少し肌寒い一日でしたが、木ぼっくりミュージアムでは「これ作りたい!」と自分が作りたいもののイメージがたくさんふくらみました。

クラウンショーでは、運動会に踊った「U.S.A」の音楽が流れ、他のお客さんの前でクラウンと一緒に踊ることができました。最高の思い出になりました。

動物たちともいっぱいふれあい、自由あそびやおやつタイムとたくさん楽しむことができました。

牧歌の里に行ってきました!(すみれ組)

2018.10.10

こどもたちがとっても楽しみにしていた牧歌の里に行ってきました。

さっそく緑色のトレインに乗車し、秋ならではの景色をのんびりとあじわいました。

少し天候が不安定でしたが、羊にふれてみたり、かわいいうさぎをなでたり、動物ともたくさんふれあいました。

お母さんのおいしいおにぎりを食べて、木ぼっくりミュージアムでこれから始まる木ぼっくり作りの参考になるものを見つけ観察していました。

クラウンショーや、遊具遊びもできて大満足でした。


 牧歌の里に行ってきました!(ひまわり組)

2018.10.09

牧歌の里に遠足に行ってきました。

お天気もとてもよく、木ぼっくりミュージアムではたくさんの木ぼっくりに大興奮。

トレインに乗ってお花畑や周りの景色を真剣に見ました。

お昼ごはんは、お母さんの作ってくれたおいしいおにぎりを食べました。

クラウンショー、動物とのふれあい、遊具遊び、いろいろな体験をし楽しい一日になりました。

ひまわり組 外でお弁当を食べたよ!

2018.10.05

今日は、牧歌の里への遠足が延期になったので、外でお弁当を食べました。

気持ちよくて、お母さんの作ってくれたおにぎりはとってもおいしかったよ。

遠足に行ってきました!

2018.10.03

ちゅうりっぷ組15名で、ごろごろ広場に遠足に行ってきました。

お天気もよく、いっぱい遊ぶことができました。


秋の交通安全教室

2018.10.02

交通安全専任指導員と郡上警察署署員の方に、安全な横断歩道の渡り方を丁寧に教えていただきました。

 

 

 

運動会が行われました

2018.09.29

町民体育館で運動会をしました。

年長組の集団演技の上体反らしです。

どろんこ遊び

2018.9.6

久しぶりのお天気で、どろんこ遊びをおもいっきり楽しみました。


牧歌の里へ遠足に行きました

 

10月7日(火)年長組と年中組とで牧歌の里へ行きました。牧歌の里には「木ぼっくり」の展示館があって、まもなく大中保育園でも木ぼっくりを」作るので見学をしてきました。見学を終えてから羊や馬、ウサギなどと触れ合い、園内を1周するトレインにのりました。秋晴れの青い空の下でおいしいおにぎりを食べ、心地よい空気をいっぱい吸ってきました。

交通安全教室を行いました

 

10月8日(水)交通安全教室をしました。今日の内容は、信号の色の意味を知り、青信号の時に横断することと、道路を渡る時は右手をあげ車が停まるのを確認し、運転手さんとアイコンタクトをとってから渡ることです。みんな信号の色を確認しながら横断しました。

運動会をしました

 

9月27日(土)町民体育館で運動会をしました。大中保育園保育園の種目は「かけっこ」「演技」「親子競技」です。写真の種目は未満児の親子競技「はらぺこあおむし」で、親子で障害をクリアしてごほうびをとり、抱っこでゴールしました。体育館の運動会は天候に左右されることなく、暑い日差しもなく快適で、家族揃って昼食を食べ、楽しい一日を過ごすことができました。


運動会の練習です

 

9月27日は運動会。もう園庭では運動会の練習が始まっています。大中保育園ではみんなが一斉に練習するということではなく、やりたい子がやるようにしています。(主体的に)保育士が綱を出すと、「やりたいやりたい」と集まり、人数もきっちりと保育士が分けるのではなく、子どもが自分から両側に分かれてやります。人数が少なくて負けると「わたし今度はあっちへ行く」などして、綱引きが面白くなるように子どもがします。その姿を見て、周りで遊んでいた子も「よし、ぼくも」となり、運動することの面白さ、皆で競い合うことの楽しさなどを経験していきます。

遊びは発達が求めるもの

 

夏が終わっても子どもは水遊びが好き。子どもは自分の発達上の課題を遊びを通してクリアしようとします。写真の遊びは子どもが考えたもの。高いところから水を落とすと流れます。その遊びを何回も何回も繰り返します。保育士は子どもに寄り添い、その遊びの援助をします。援助とは子どもの様子を見ていて「あ、本当はこんなことがしたいのだな。」と察し、どうしても子どもでは出来ない時だけ「こうしたら」とわずかな部分を手伝うことです。写真の遊びは砂に水を入れたり、竹で流したり、角度を変えたりの末のものです。こうして十分に自分の思うことがやれることが、遊びも発展しまた自分も満足出来ることで、自分に対する信頼感が育っていきます。子どもの遊びは発達が求めているもの。その発達を支え伸ばしていくものが遊びです。

ナツメ狩りをしました

 

9月18日(木)ちょうど食べごろになっていたナツメを食べにポケットパークへ行ってきました。「これ食べれるの?」と初めて食べる子もいましたが、「おいしい!」と今度は自分で脚立に登って取る子もいて、たっぷりと秋の味覚を楽しみました。


秋を満喫しました

2013年11月22日

ちゅうりっぷ・たんぽぽ組で秋葉様に散歩に行ってきました。

もみじ、いちょうの葉のじゅうたんはとても気持ちよさそうです。

木ぼっくり

2013年11月20日

木の枝で作った馬です。

運動会無事終了

2012年10月07日

今年の運動会は「にじ(七色の夢)運動会」というネーミングです。これを決めたのは年中児たちです。当日はその通り、希望と夢に満ちた満足いく運動会でした。どん子にも笑顔があふれたことが心に残りました。(写真は年長児と保護者による綱引きです)


玉入れで運動会気分盛り上がり

2012年09月07日

10月6日(土)白鳥体育館で運動会を行ないます。子どもたちは玉入れや綱引き、そしてリレーなど思い思いに運動会気分を盛り上げています。

間もなく秋本番

2012年09月24日

園庭にある桜の葉が紅葉し始めました。これから秋本番。運動会あり、牧歌の里へ行ったり明野高原やごろごろ広場、そしてリンゴ狩りなど秋ならではの行事が待っています。秋の自然を満喫し、より大きくなってくれることと確信しています。

たんと君と一緒に勉強しました

2012年09月10日

「何でもたくさん食べよう」というお話を聞きました。日頃から大中保育園では子どもが調理したものを給食で食べたり、野山にある食べられるものを食べたりしていますが、今日は、食育推進応援隊の方に来ていただいて食べ物にはそれぞれ力があるというお話を聞きました。最後に「たんと君」と一緒に歌って踊り、皆で元気な体にしようという気持ちを持ちました。


24年度卒園式です

2013年03月28日

3月27日(水)24年度の卒園式を行ないました。30名の子どもたちが大きく育って巣立ちました。

ひなまつり終わりました

2013年03月05日

無事終わりました。子どもたちも楽しそうでした。

春を感じる一日

2013年02月26日

今日は暖かな一日です。子どもたちは雪遊びを存分に楽しんでいます。


節分です

2013年02月01日

2月3日が節分ですが、園では本日(2月1日)節分行事を行ないました。突然現れた赤鬼・青鬼に驚きながらも、懸命に「鬼は外、福は内」と大きな声を出しながら、鬼に豆を投げ付けていました。さしもの鬼もその勢いに早々と退散してしまいました。

餅をつきました

2012年12月26日

12月26日恒例の餅つきを行ないました。一人ひとり杵を持ち、餅つきの感触を味わうことができました。搗きあがりの餅はとってもおいしかったです。

クリスマス会

2012年12月21日

今年もサンタさんが来てくれました。あまりにもプレゼントが多く、運び込むのに一苦労したようです。子どもたちはサンタさんの登場に大喜び。一緒にダンスた歌に興じ、その後サンタさんからプレゼントをもらった満足顔がとても印象的でした。


降りました!!

2012年12月10日

12月8日から10日にかけ大雪が降りました。今ようやく青空が見えますが、また降りそうな感じです。積雪80センチほど。道路は圧雪状態。でも、子どもたちは大喜び。早速大きな雪山を滑ったり、雪の中へ座ったり、雪玉を作ったり、最高の贈り物です。

来てみて遊ぼうよ、盛大に終了

2012年11月19日

11月17日(土)今年度の来て見て遊ぼうよが行なわれました。多くの保護者の方々に、立派な作品を見ていただくことができました。

思わぬ初雪

2012年11月15日

11月15日まさかこの時期にこんなに降るとは思わなかった初雪が降りました。そして積ったのです。これには驚きました。桜の葉もすっかり落ち、雪の中でたたずんでいます。


タイムカプセルを開けました

 

1月7日、平成20年3月に卒園した中学1年生が保育園に来て、当時の思い出が詰まったタイムカプセルを開けました。思い出の品々を見て当時を振り返り、園児と一緒に遊んだり給食を食べたりして楽しいひと時を過ごしました。この催しは、中学生になると様々な悩み事や心配事が出てくることもあって自分を見失いがちになることもありますが、保育園時代は廻りから愛されそして何事も精いっぱい取り組んできたことを思い出し、自信を持って新たな出発をすることを願って行っているものです。

毎日そり遊び

 

今年は大雪。除雪で高く盛り上げられた園庭の雪山、隣の田んぼの小山はそり遊びの絶好の場。園児たちは手作りのそりで早速そりすべりです。このそりは、肥料袋に座布団を入れ、開け口に紐をつけガムテープで留めた簡単なものですが、ビニール製なので良く滑る滑る。一人が一つずつ持っていますので毎日登園するとすぐにそりすべりです。中にはそりなしでお尻で滑る子も。

 

12月8日、近所の山へ冬イチゴを取りに行き、赤い粒粒の実をたくさんとってきました。それに砂糖を入れ煮詰めてジャムを作り、給食のヨーグルトにトッピングして食べました。


今日は12月14日。天気も良く穏やかな日だったので外で給食を食べました。晴れて気持ちの良い日は冬でも外で食べます。広い青空の下で食べるとおいしくなります。

12月25日(金)餅つきをしました。木の臼を使ってペッタンペッタン。未満児から順にひと臼ずつつき、小豆餅、きな粉餅にして食べました。

 

ページトップ